秋色に変えて気分一新

髪の色を秋色に変えてみました。美容院へ行ってカラーは秋色でお願いします。とお願いしたところ、いつも施術してくれる20代後半の美容師さんはピンクにしましょうと言うのです。ピンク?大丈夫?ドキドキしながら似合うかなぁと心配していると、ピンクの液が作られてきました。

髪にのせると結構なピンク!どんな色になるんだろう。とドキドキとワクワクがすごく楽しい時間でした。

私の行っている美容院はすごく丁寧で繊細な美容師さんがいて、とっても居心地が良いのです。

髪の事が好きで、美容が大好きな彼はいろんな事を教えてくれます。

極めたいという気持ちが大きくて、すごく髪の事を優しく整えていってくれます。カットをしてもらってる方が何となく優しい気持ちになるようなそんな気分でカット、カラー、トリートメントとどんどん進められていきます。

髪はサラサラ艶々になり、そして問題の髪色は、きれいに入ってくれました。ピンクが。優しい茶色にうっすら透かすとピンクが見えるような何とも言えない秋色できれいに入ってくれました。すごくきれいでめっちゃ気に入りましたと伝えると、優しい感じにしたかったのでピンクにパールを混ぜました。との事。

ほんとにありがとうで感謝です。

最後の仕上げにカットをして下さるんですが、顔周りを鏡を見ながら優しく優しく、切れのいいハサミをスーッと流れるようにカットしながらまとめていってくれます。

美容院にいる間は至福のひとときでいつも優しい気持ちになり、癒されて帰ってきます。

デパ地下で買ってきた物ではありません!

外食した時に食べて美味しかった物を真似して作ってみることがあります。料理が得意というわけではないので、まったく同じようにというわけではなく「だいたいこんな感じかな?」という程度ではありますが。

先日、友達と食事をした時、いろいろな野菜が入ったサラダのようなコンソメゼリーを食べました。アスパラガスの緑、パプリカの赤、コーンの黄色。にんじんやハムも入っていました。見た目が美しく、そして美味しかったです。

家に余っているゼラチンがあったので、それを使って似たような物を作ってみました。ゼリーに使う分は少しなのに、そのためだけにアスパラガスやパプリカを買うのは不経済。なので、家にあった冷凍ミックスベジタブルを使用。以前、透明な容器に入っていたプリンを買った時、その容器を洗って取っておいたのですが、その容器に入れて冷やし固めました。

透明な容器は2つしか無かったので別の容器に入れた物も作り、夫に出す前に試食。コンソメの味が濃すぎたり薄すぎたりしないかが気になっていたのですが、まぁまぁといったところだったので、夕食に出してみました。

コンソメゼリーを食べている夫に「この前、似たような物をお店で食べて美味しかったから作ってみたの」と言いました。すると夫に「え、これ作ったの?デパ地下とかで買ってきたのかと思った」と言われました。夫は味にうるさい人ではなく、なんでも「美味しい」と食べてくれる人。なので、味が美味しかったというより、プリンの容器に惑わされたのではないかと思われます。

デパ地下の物と思われたとはいえ、せっかく自分で作った物を買ってきた物と思われるのは悲しいこと。なので、言って良かったです。