顔に行うようにワキにも保湿ケアをしてあげよう

時間をかけてワキのスキンケアをするということは、意識をしていなければあまりないのではないでしょうか。少なくとも私は、顔に行うように化粧水をつけたり乳液で保護したりといった手間をワキにはかけていませんでした。汗もかくところだから保湿は必要ないだろう、人はあまり目にしないところだから多少荒れていても気にならないだろう、そう思ってムダ毛処理する以外は放置気味だったんです。しかし気がついたら見事に黒ずんでしまっていました。

慌ててインターネットを利用して脇 黒い対策を調べ、あまりお金を掛けたくなかったので、高いケア用品を買うのではなく徹底した保湿とスキンケアを心がけていくことにしました。顔と同じく、きちんと水分と油分を補って保護してあげることが一番の改善策だと知ったからです。汗をかくことがイコール保湿されているということではないということもわかりましたし、今まで水分を与えるということをすっかり失念していたことを反省しました。

お風呂上りにケアするようになり、かなり改善されています。同じようにお尻やヒジやヒザなど、黒ずみの気になる部分をケアして状態がよくなってきています。